家を建てるならぜひ認定長期優良住宅を!

環の家04

家を建てるならぜひ認定長期優良住宅を!

環の家認定長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で使用することのできる優良な住宅のことをいい、認定基準が設けられています。 「耐震性能」「耐風性能」「劣化性能」「維持管理」「空気環境」「温熱環境」「音環境」などの観点から、高い基準に適合した住宅だけが長期優良住宅として認定されます。 例えば劣化対策においては、「数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること」が定められています。 これは通常想定される維持管理条件下で、構造躯体の使用継続期間が少なくとも100年程度となる措置です。 また耐震性においては、「建築基準法レベルの1.25倍の地震にも倒壊しないこと」が求められます。 このように認定長期優良住宅は、長く安心して、快適に住まい続けられる家として、高い資産価値を有するもので、子ども、孫の世代まで受け継いでいける住まいなのです。  

住宅性能評価「7項目」が最高等級クリア

「環の家」は住宅性能評価の7項目で最高等級をクリアしています。 住宅性能評価とは、下の図のように住宅の性能評価をし、住宅取得者に対して性能に関する情報を客観的に伝える仕組みです。 等級が高いほど優良とされ、性能の高さを認められます。

100年住み継ぐ家を支える住宅性能

 

日本の住宅は資産価値を持たない住宅がほとんど!?

「環の家」は住宅性能評価の7項目で最高等級をクリアしています。 住宅性能評価とは、下の図のように住宅の性能評価をし、住宅取得者に対して性能に関する情報を客観的に伝える仕組みです。 等級が高いほど優良とされ、性能の高さを認められます。

「環の家」の住宅性能

 

 

資料請求・お問い合わせ はコチラからどうぞ!!

[contact-form-7 id=”343″ title=”お問い合わせ”]

関連記事

ページ上部へ戻る