つなぎ融資

つなぎ融資 1.概要

つなぎ融資普段買い物をするときは、代金と商品を引き替えに売買は成立します。ところが新築住宅建築の場合、そうはいきません。なぜなら、住宅購入の代金を払うためには一般的にローンを借りることが必要になり、ローンを借りるには、その前提として新築する住宅を担保にし、抵当権を設定する必要があるためです。

しかし、建築主にしてみれば、まだ代金ももらっていない住宅を担保にすることは困ります。かといって、住宅金融支援機構や金融機関は担保なしで融資を行うことはありません。

そんなときに利用するのが『つなぎ融資』です。

 

つなぎ融資『つなぎ融資』とは、住宅ローンを申し込んだ金融機関から融資金が下りるまでの間、一時的に借りるローンで、この『つなぎ融資』で一旦代金を支払うことで、住宅をお客様名義で登記することが可能になります。それによって、担保として設定できますから、あとは住宅金融支援機構や金融機関から融資金が下りるのを待つだけになります。そうして融資金が下りましたら、『つなぎ融資』の借入れを返済して、住宅ローンの返済のみとなります。

ここで一つ注意していただきたいのが、この『つなぎ融資』には手数料や利息が掛かることがほとんどで、これは買い主が払うことが一般的です。従って、商品内容を理解する必要があります。ただし、全ての住宅ローンに『つなぎ融資』がおりる訳ではありませんので、『つなぎ融資』の種類を選択するというよりも、利用できるならならば結果オーライといった考え方がおおくみられるのが現実です。

 

 

資料請求・お問い合わせ はコチラからどうぞ!!

[contact-form-7 id=”343″ title=”お問い合わせ”]

 

関連記事

ページ上部へ戻る