不動さん取引時のインスペクション提案義務付け 宅建業法改正案が閣議決定

 

山崎ハウジングの山崎でございます。

政府は2月26日、媒介契約の締結時に売り手に対して

建物状況調査(インスペクション)の意向を確認してあっせんすることを

宅建業者に義務付ける「宅地建物取引業法の一部を改正する法律案」を閣議決定しました。

既存住宅の流通の促進を図るための市場環境の整備を促進するのがねらい。

 国は中古住宅取引の活性化に向け、インスペクションの普及を進めているが、

そもそもインスペクションを知らない生活者が多いことから認知の機会を設ける予定。

インスペクション結果を宅建業者が重要事項説明時に買い主に対して説明することも義務付ける。

加えて、売買等の契約の成立時に建物の状況について当事者の双方が確認した事項を

記載した書面の交付義務も課す予定。

 

宅地建物取引業法の一部を改正する法律案(概要)

 

 

 

家づくりの お問合せ・資料請求 フォーム

[contact-form-7 id=”343″ title=”お問い合わせ”]

関連記事

ページ上部へ戻る