上越で家づくりを考えている方必読!! 第10回 我が国でも始まった樹脂サッシの本格普及

山崎ハウジングは、適正価格のゼロエネルギー住宅、リノベーション、リフォームを通じて、
その家に住む人、つくる人それぞれの家族が笑顔あふれる豊かな暮らしをプロデュースするために、
正道を歩み、向上心を待ち続け知識・技術を磨き続けます。
山崎ハウジングの山崎でございます。

 

弊社も日頃利用しているエネルギーパス、エネルギーエージェントの管理・運営を行っている

日本エネルギーパス協会様のHPからの転載です。

私たちのお隣の県である長野県では、住まいの省エネ・健康への影響に対する行政の取組みが日本一進んでいます。

その長野県の新聞で連載しているコラムの内容です。

上越市でこれから家を建てる方、リフォームする方にぜひ知って欲しいことなのでご紹介いたします。

 

2015年6月3日【我が国でも始まった樹脂サッシの本格普及】

今年4月から、新築戸建て住宅も「長野県建築物環境エネルギー性能検討制度」の義務対象になった。

この機会に、県がこの制度を通して目指していることや、本来、消費者が住まい選びの際に知っておくべき、

住まいの『燃費性能』と『健康性能』との関わりなどについて、シリーズでお届けする。

 

前回、断熱性能向上には窓の性能が大切であることを説明したが、そこで近年注目されているのが樹脂窓だ。

樹脂窓は、諸外国では普及が進んでおり、いわば窓の”世界標準”になっている。

アルミに対する熱の通しにくさは、樹脂は約1,000倍、木は約2,000倍だそうだ。

つまり窓の断熱性を確保するためには、樹脂もしくは木が適している。

そのため、図に示す通り各国では、樹脂窓もしくは木窓が主流になっており、アルミサッシはほとんど用いられていない。

ところが我が国ではいまだに新築住宅の過半でアルミサッシが用いられており、諸外国に比べるとアルミサッシの使用率が突出している。

続きを見る

関連記事

ページ上部へ戻る