上越で家づくりを考えている方必読!! 第5回 「家のつくりようは、夏をもって旨とすべし」は過去のこと?

山崎ハウジングは、適正価格のゼロエネルギー住宅、リノベーション、リフォームを通じて、
その家に住む人、つくる人それぞれの家族が笑顔あふれる豊かな暮らしをプロデュースするために、
正道を歩み、向上心を待ち続け知識・技術を磨き続けます。
山崎ハウジングの山崎でございます。

 

弊社も日頃利用しているエネルギーパス、エネルギーエージェントの管理・運営を行っている

日本エネルギーパス協会様のHPからの転載です。

私たちのお隣の県である長野県では、住まいの省エネ・健康への影響に対する行政の取組みが日本一進んでいます。

その長野県の新聞で連載しているコラムの内容です。

上越市でこれから家を建てる方、リフォームする方にぜひ知って欲しいことなのでご紹介いたします。

 

【「家のつくりようは、夏をもって旨とすべし」は過去のこと?】

今年4月から、新築戸建て住宅も「長野県建築物環境エネルギー性能検討制度」の義務対象になった。

この機会に、県がこの制度を通して目指していることや、本来、消費者が住まい選びの際に知っておくべき、

住まいの『燃費性能』と『健康性能』との関わりなどについて、シリーズでお届けする。

 

前回まで、住まいの断熱性能の大切さについて説明してきた。

しかし一方で、兼好法師は徒然草に「家のつくりようは夏をもって旨とすべし」と書き残している。

現代でもこの言葉を基に、「夏を旨とする」住まいづくりにこだわっている住宅事業者は少なくない。

今回は、このことについて考えてみたい。

 

さて、兼好法師時代のデータは残っていないが、図のように厚生労働省人口動態統計によると、

1910年頃は夏に亡くなる方の割合が高かった。これが徐々に夏冬が逆転し、1970年には圧倒的に冬に亡くなる方の割合が高くなっている。

続きを見る

 

 

資料請求・お問い合わせ はコチラからどうぞ!!

☑お名前(必須)

☑お名前(カナ)

☑メールアドレス(必須)

※注意:返信メールが届かなければ入力ミスの可能性があります。
    その場合、再度申し込みお願い致します。

☑どのようなご用件ですか?(必須)
モニター募集資料請求お問い合わせ

☑メッセージ本文(必須)

関連記事

ページ上部へ戻る